早漏改善

スクイーズ法に失敗すると逆行性射精が起きる

スクイーズ法に失敗した際は、逆行性射精を起こす場合があります。

逆行性射精は不妊の原因のひとつ。

逆行性射精は、射精したときの精液の量、射精した後の尿から判断できます。

逆行性射精は不妊の原因になる

逆行性射精とは、射精の際に精液が陰茎から放出されず、膀胱に流れ込んでしまう症状です。

射精しても精液の量が減ってしまうため、男性不妊の原因になる可能性があります。

スクイーズ法では、射精をうまく抑えきれなかった時に、逆行性射精が起こる可能性がります。

逆行性射精は射精障害の一種で、癖になるとうまく射精ができなくなるのです。

スクイーズ法を行わず、通常通り射精をしても、精液が放出される量が減ったり、精液が出なくなったりします。

そのため、男性不妊の原因になるのです。

逆行性射精の判断は精液の量や尿から

逆行性射精かどうかの判断は、射精時の精液の量や排尿時に精液が混じっているかで判断ができます。

逆行性射精には、痛みなどの自覚症状がありません。

逆行性射精かどうかをチェックするときのポイントは、射精時の精液の分量と、排尿時に精液が混じっているかどうかです

射精時に精液がほとんど出なかったり、射精後の尿が白くにごっていたりした場合は、逆行性射精の危険性があるので、病院へ行って検査を受けましょう。