ED治療薬

バルデナフィルの購入方法

バルデナフィルが含まれた薬は、国内ではレビトラのみです。

レビトラは、病院やクリニックで処方が受けられます。また、通販サイトならジェネリック薬も購入できるのです。

では、バルデナフィルの購入方法について、それぞれの長所と短所を見ていきましょう。

病院・クリニックで処方を受ける

レビトラは医療用医薬品なので、購入するためには基本的に医師から処方を受けなければなりません。

ED専門クリニック内科泌尿器科で診察を受けると処方してもらえます。

EDの治療は自由診療となり、保険が適用されません。そのため、費用はすべて自己負担となります。

取り扱っている病院によって前後しますが、10mg1錠が約1500円、20mg1錠が約2000円です。

病院でバルデナフィルをもらうデメリットは、費用が高いことです。

その分、薬の安全な使い方を、医師からしっかり説明してもらえるというメリットがあります。

通販でも購入可能

レビトラは国内では市販されていませんが、ネット通販を利用すれば個人輸入できます。

また、通販ではジェネリック薬品も扱っており、病院のおよそ6分の1の値段で入手できます。下の写真は、レビトラのジェネリック薬バリフです。

バリフなら20mg1錠で約300円と、格安で購入できます。個人輸入なら、ほかにも様々なジェネリック薬が買えます。

通販のメリットは、病院へ行かなくても、手軽に安価なバルデナフィルを購入できることです。

しかし、ときには偽造品が売られている危険性もあります。

通販で購入するときは偽造品に注意!

ネット通販では、偽造品が売られている可能性があるので注意が必要です。

偽造品の中にはバルデナフィルが入ってないどころか、まったく違う成分が含まれた製品もあります。

そのような薬を使うことで、重篤な副作用や健康被害に見舞われる危険性があるのです。