ヒルドイド

ヒルドイドのやけどへの効果

ヒルドイドを塗っても、やけどは治りません。ヒルドイドは、やけどをしている部分の皮膚に塗ってはいけないのです。

しかし、やけど跡を残さないためのケアには適しています。

ヒルドイドには、やけど跡を薄くし、目立たなくする効果があります。

ヒルドイドはやけどに塗ってはいけない

ヒルドイドは、やけどには効果がありません。

むしろ、傷や水ぶくれができた状態では、ヒルドイドは塗ってはいけないのです。

やけどは軽度の場合でも、皮膚の表面に傷ができた状態です。また、ひどいやけどの場合は水ぶくれができます。

この水ぶくれが破れると「びらん」という、皮がむけた状態の傷になってしまうのです。

ヒルドイドの添付文書には、こうした傷口(潰瘍・びらん面)に塗ってはいけないと記載があります。

やけどした傷にヒルドイドを塗ると、逆に悪化する場合もあるので注意してください。

ヒルドイドはやけど跡の改善に効果あり

ヒルドイドには、やけど跡を改善できる効果があります。ヒルドイドがやけど跡をケアできる理由について、それぞれ見ていきましょう。

ターンオーバー促進で皮膚が早く生まれ変わる

ヒルドイドは肌のターンオーバーを早め、肌の生まれ変わりを促進します。

ヒルドイドの有効成分「ヘパリン類似物質」には、血行促進や保湿の作用があります。

これらの作用で肌の新陳代謝が向上し、古い皮膚が生まれ変わっていきます。

傷跡ができてしまった皮膚の細胞が代謝で排出され、新しく綺麗な皮膚が生成されるのです。

線維芽細胞の過剰な生成を止めて自然な皮膚に治す

ヒルドイドには線維芽細胞の生成を抑制する効果があります。

線維芽細胞は、やけどなどのケガによる傷を治すために増加し、傷をくっつけて埋めていきます。

しかし、過剰に生成されると皮膚が盛り上がり、目立った傷跡ができてしまうのです。ヒルドイドは線維芽細胞の過剰な生成を阻止してくれるので、やけど跡を目立たないようにケアできます