ヒルドイド

ヒルドイドのアトピーに対する効果

ヒルドイドは、皮膚を保湿することで乾燥を防ぎ、バリア機能を高めます。これにより、皮膚の剥がれやかゆみを抑える効果を示すのです。

炎症がひどい場合は、ステロイドとの併用が推奨されています。

皮膚のバリア機能を回復

ヒルドイドは、アトピーで低下した皮膚のバリア機能を回復させます。

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質は、角質細胞間脂質のラメラ構造の回復を促進します。

角質細胞間脂質は、油分と水分が交互に並んだ層になっています。この層になった構造をラメラ構造と呼ぶのです。

ラメラ構造の層が整っていることで、バリア機能が高まります。

また、ヒルドイドには、天然保湿因子や角質層の水分量を増やし、肌を保湿する作用もあります。

乾燥して弱った肌の水分を補い、肌を健やかな状態に導いてくれます。

皮膚の剥がれ・かゆみに効く

ヒルドイドは、アトピーによる皮膚の剥がれやかゆみに効果を示します。

例えば、乾燥した皮膚が剥がれ落ちる症状は、ヒルドイドの高い保湿力で改善できます。

また、アトピー肌のかゆみを抑える効果もあるとされています。

ヒルドイドはかゆみ止めではありませんが、保湿によってバリア機能が高まると、外的刺激に強い肌になるのです。

そのため、アトピーで弱っていた肌が感じていた刺激でも、かゆみを感じなくなります。

炎症がひどければステロイドを併用

アトピーによる炎症がひどい場合、ヒルドイドのみでは改善できません。

アトピーで皮膚に強い炎症が起こっているときは、ヒルドイドとステロイドの併用が勧められています

かきむしって傷口になったしまった部分、あかぎれで血が出ている部分などには、ヒルドイドは使用しないでください。

ステロイドと塗るときはヒルドイドが先

ヒルドイドとステロイド剤を併用する際は、先にヒルドイドを塗りましょう。

ヒルドイドは全身の保湿のために使うので、体の広い範囲に塗り広げます。

そのため、ステロイド剤を先に塗ると、後からヒルドイドを塗った際、不要な部位にまで広がってしまいます。

不要な部分にまでステロイドがつくことで、副作用が起こりやすくなるのです。

ステロイドは、湿疹などの症状がある部分にだけ塗りましょう。