ヒルドイド

ヒルドイドの有効成分と作用

ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン類似物質」です。この成分は、体内にあるヘパリンと似た働きを持ちます。

ヘパリン類似物質には、保湿や血行促進、抗炎症などの作用があります。

ヘパリン類似物質とは?

ヒルドイドには、ヘパリン類似物質(洋名:Heparinoid)と呼ばれる有効成分が含有されています。

ヘパリン類似物質とは、名前からもわかるように、体内にあるヘパリンと似た物質です。

もともと、ヘパリンは血栓症などの治療のため、血液の凝固を止める成分として研究されていました。

しかし、血が止まりにくくなる作用が強いため、出血性の副作用が多発するという問題があったのです。

そこで、より安全性が高い成分の研究・開発が進められていき、ヘパリン類似物質が生まれました。

ヘパリン類似物質の作用は主に3つ

ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質は、主に以下の3つの作用を持ちます。

  • 保湿
  • 血行促進
  • 抗炎症

この3つの作用について、詳しく説明していきます。

保湿作用

ヘパリン類似物質は、水と結合しやすい性質を持っています。

そのため、肌に浸透すると、周りの水分を抱え込むように働くのです。そして、抱え込んだ水分を角質層に与えてくれます。

この働きにより、肌の水分量が長い時間にわたって保たれます。その結果、持続性のある保湿の効果が得られるのです。

血行促進作用

ヘパリンと同じく、ヘパリン類似物質にも血液の凝固を止める性質があります。

この性質により、血液が固まって血栓になるのを防いでくれます。

さらに、できてしまった血腫が消退するよう促してくれます。このため、血行が促進され、血流の量も増えます。

抗炎症作用

ヘパリン類似物質には、炎症が起こったときに生まれる物質を抑制する性質もあります。

炎症を悪化させる物質の分泌を抑えることで、抗炎症作用が発揮されると考えられています。この作用から、ヒルドイドゲルは、抗炎症剤として処方されています。

ヒルドイドクリームやソフト軟膏は、抗炎症剤としては使われていません。